7歳からの老犬(シニアドッグ)と介護が必要なワンコのための岡山のショップ わんケア(ワンケア、ワン・ケア)
犬用車椅子(車イス)や介護用ハーネス、老犬のための介護用品、ペットグッズなどを取り揃えております。
主な取扱商品はK9カート犬用車椅子、ウォークアバウト介護用歩行補助ハーネス、床ずれ防止用介護マットホームナース、
犬用添え木、犬用保護ブーツ、ナックリング用ブーツ、靴、マナーベルト、エリザベス・カラー、スリングなど。

ロゴ本店わんケア ロゴ サブタイトル
                                                  カード決済OK
メール cs1@wancare.jp/TEL 086-552-3050/営業時間10:00-17:00/定休日 土・日曜、祝日
わんケアについて わんケアについて 私とワンコの老犬生活 症状別 ケア知識とグッズ 会社概要 ご利用ガイド 商品一覧      
 

 

RSS
 

最後のパートナー

老犬の介護やケアについてのブログ第28回です。 今回は本の紹介です。 「最後のパートナー 盲導犬を引退した犬たち」 文 西田深雪 写真 西田章 幻冬舎出版 この本は当店にブログを掲載させてもらっているレオ君のお母さんに教えてもらいました。 引退した盲導犬の「看取りの親」をボランティアでされている西田深雪さんが 自分が面倒を見た引退犬との生活や介護の様子、家族との触れ合いを 詩を交えながら綴っています。 盲導犬は「産ませの親」である繁殖ボランティアさんの元で生まれ その後「育ての親」であるパピーウォーカーのもとで 愛情をいっぱい受けて人間が大好きになるよう育てられます。 そして1歳で訓練所にもどり、1年の訓練のあと盲導犬として 社会に出ます。 そして12歳で引退し「看取りの親」である引退犬ボランティアの元に来ます。 様々な人間のもとを訪れたワンコが愛情を受け、自らも与えながら それぞれの家族の物語の中で過ごしてきた様子が、西田さんの文章を通して伺われます。 文章量も少なく、すぐに読み終えてしまう本ですが 何度か涙ぐんでしまいました。 「私は使用者の方々が安心してパートナーを隠退させ、新たな盲導犬との生活を送っていただくためにこの活動をしているのです」 という西田さんの言葉が印象的でした。 今回は本の「最後のパートナー」という本の紹介でした。 それでは第29回までお待ちください。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 良い夢を

良い夢を
SeoHandal | 2021-08-04 15:55 |

■ 友達みんなおはようござ・・・

友達みんなおはようございます
Jasa SEO | 2020-12-26 12:58 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ